okikamuro island fan club, 沖家室島ファンクラブ|Kamuro party かむろ会

藤原吉弘

藤原吉弘

東和町町人会会長


ゴキブリ

ふるさと納税

雑草との戦い

湯水混合栓の水漏れ

しらす丼

俄かウイスキー党

お墓のなやみ

ある日の優先席

大腸の内視鏡検査

グラウンド・ゴルフと私の“世間”

外から見た“かむろ会

エッセー

湯水混合栓の水漏れ

藤原吉弘                                     投稿日2015/11/23


バラ

 わが家の浴室に設置されているシャワーのついた湯水混合栓は、気にならない程度ではあるが少し水漏れしているようだった。試しに、蛇口の下に手桶を置いてみると、一晩で半分近く溜まっていた。およそ10年前に、近所の設備店で新しくしてもらったもので、劣化しているはずのパッキンさえ取り換えれば簡単に解決するのではなかろうか。
 自分でなんとかできるかもしれない。しかし、普通の水道の蛇口は何度も修理したことはあるが、シャワーのついた湯水混合栓は初めての経験である。本体は円筒形で、壁に横向きに取り付けられ、左側に湯と水の混ざり具合を調節するダイアルが、右側に蛇口とシャワーを切り替えるレバーが付いている。しかし、中の構造はどうなっているのか皆目見当もつかない。
 とにかく、メーカーに相談してみよう。ところが、どのメーカーのものなのか全く表示がない。もちろん型式番号も見当たらない。あれこれ見回していたら、シャワーヘッドに水栓メーカーのロゴが小さく表示されていた。そのメーカーのホームページで当該商品を検索していたら、よく似た商品が並んでいた。やはりこのメーカーに間違いないだろう。
 

 
バラ
 

 ホームページにあるそのメーカーの部品センターに電話してみた。おそらくわが社のものと思われるが、型式番号は本体の裏側斜め下に表示されているので手鏡で確認してみてくださいということだった。いわれる通りにやってみたら、やはりあった。間違いなく同社の製品だった。取り換え部品は代金引換ですぐ発送できるという。そのための説明書も同封されているという。
 初めて見る複雑な構造だった。水道の蛇口にある「コマ」と呼ばれる部品の延長線くらいに考えていたので、ちょっとしたカルチャーショックさえ覚えた。私にとっては、いわば異次元の構造に見えたのだ。水道の元栓をしっかり締め、説明書に従って慎重に取り換え作業を進めた。古いレバーを抜くのに苦労したが、なんとか全部をやり遂げることができた。
 さっそく湯水を通してみた。いきなり頭上からシャワーが降り注いできた。元に戻して、すべてを一からやり直した。どうやら部品の向きを間違えて取り付けたようだ。今度は正常に作動した。湯も水もちゃんと出てくる。止めたとき、水滴の漏れも全く見られない。これで一件落着である。
 このとき、トイレの詰まりで新聞折り込みの業者に依頼したときのことが頭をよぎった。たかがそれだけのことで数万円も要求されたのだ。この件も、業者に頼めばそんなことになっていたかもしれない。さいわい、今回は数千円で済んだ。こんな仔細なことでも、やはりチャレンジしてみる価値はありそうだ。
(2015年11月23日 藤原吉弘)

かむろ会概要  お問い合わせ